海鮮おまかせ便 近江町市場から新鮮な海の幸をお届け!
産地直送で日本海および近海の海鮮を現地スタッフの目利きによりお届けするおまかせ便!注文を受けてから仕入れるため天候や市場の相場により品数や内容が替わりますが、限界に挑戦します!
日本海、丹後、瀬戸内、下関シリーズをお届け!




日本海シリーズ



各種「海鮮おまかせセット」はお歳暮にも人気です!




★【日本海シリーズ】
  年末・年始の営業について
   ※年末最終注文受付け
      12月22日まで
   ※年末最終出荷
      12月25日最終出荷
   ※年始注文受付け
       1月7日より
   ※年始初出荷
       1月11日より出荷












活きがええけん!美味しいうちに食べんさいよー日本海でとれる海鮮を素材のまま美味しく召し上がっていただくコツをご紹介





海鮮トリビア本物の海鮮を手にしていただきたい!そんな思いで、海鮮豆知識を随時公開




素材がいいと美味しく調理できるね〜
新鮮だから美味しい!素材を活かしたレシピをご紹介
あなたのレシピも随時募集!






海鮮おまかせ通信季節ごとの水揚げ状況をお知らせしたり、素材を美味しく召し上がっていただくための情報をお届け




.









                                  ■金沢市近江町市場直送■
☆【蟹すき鍋おまかせセット】☆ 活ズワイ蟹・甘えび・ホタテ貝・赤いか等



 本場の味をご自宅で!!


 蟹みそ仕立てのだしで作る蟹すき鍋は最高です!!




活!生蟹にこだわった蟹すき鍋おまかせセット
(コース内容例/10,800円セット)
活ずわい蟹2〜3ハイ/甘エビ20尾/
ホタテ5枚/赤いか1杯
(季節や海鮮市場の相場によって内容が替わります)



現在、冷凍ものの「茹でずわい蟹」で対応しています





金沢市近江町市場から直送


本場・新鮮素材が
この価格で
このボリューム!

























鍋奉行には見逃せないセットです。

思いっきりこだわって

蟹すき鍋を楽しんで下さい!!


蟹すき鍋と言えば獲れたての活ズワイ蟹!!元気な活ズワイ蟹を厳選し箱詰めします。
鍋に欠かせない殻付き活ホタテ貝。究極の出汁作りに必要な甘えび。
シャブシャブで美味しい赤いか。どれも欠かせない食材です。
なんと言っても、蟹みそ仕立ての出汁でいただく蟹すき鍋は最高です。土鍋3杯分の出汁を用意していないと、あまりの美味しさに、途中出汁が足りなくなって、最後の蟹みそ雑炊まで辿り着けません。

本場の味をご自宅で味わいたい方にお薦めです。



>> 蟹すき鍋を作ってみました♪





★【日本海シリーズ】
  年末・年始の営業について
   ※年末最終注文受付け
      12月22日まで
   ※年末最終出荷
      12月25日最終出荷
   ※年始注文受付け
       1月7日より
   ※年始初出荷
       1月11日より出荷



現在、「ずわい蟹」は厳選した冷凍ものの「茹でずわい蟹」を使用しています。

「活・ずわい蟹」は地物となります。
その際は、ご相談下さい。



蟹すき鍋おまかせセット
10,800円(3〜4名向け)
  数量: 
21,600円(5〜6名向け )
  数量: 
32,400円(8〜10名向け )
  数量: 

※人数・ご予算に応じますので、お気軽にお問合せ下さい。



  • 全ての商品が「おまかせセット」になります。だから、このボリューム!この価格!この美味さ!が実現できるのです。
  • 冷凍ものは一切扱いません。新鮮な海の幸の本来の美味しさを味わって下さい。
  • セット料金が高くなるほど、商品内容が豪華になります。
  • 人数はあくまで目安です。





お届け予定海鮮            やっぱり“ずわい蟹”は産地直送でお取り寄せ!

活ズワイ蟹蟹の女王 ズワイ蟹

蟹の足と胴体を切り離し足を刺身の要領で下ごしらえ。贅沢な蟹すきが自宅で簡単に出来ますよ。蟹の旨さに時を忘れます
とろけるほど美味の甘えびとろける美味の甘えび

皮を剥いて、チュルッと吸えば甘味が口いっぱいにとろけます。
濃厚な甘エビのミソが堪りませんネ☆

ぷりぷりのホタテ貝厚い身のホタテ貝

殻を付けたまま鍋に入れれば、すぐにプリリンと身が外れます。分厚い貝柱は食べ応え充分です。ひものコリコリとした歯応えが堪りません。






お召し上がり方・賞味期限について
活ずわい蟹は商品が到着後、早めに調理しお召し上がり下さい。
発送時は活きの良い活蟹を箱詰めします。商品が到着次第、早めに調理して下さい。蟹が活きている場合は、蟹を真水に漬け、動かなくなるまで弱らして下さい。次にタワシで蟹を綺麗に洗います。
調理方法は、蟹のさばき方を参照して下さい。
甘えびは刺身で。頭のみその部分は出汁に利用してください。
甘えびは、鍋の中に入れても刺身で召し上っても良いです。甘えびも頭に甘〜いみそがあります。鍋の中に入れて、出汁にコクを出しましょう。
ホタテ貝はタワシで殻の汚れを落とし、片方の殻だけ外しておく。
沸騰した出汁に下準備したホタテ貝をいれると、すぐに身がぽろっと外れます。貝柱が半生状態でとっても美味しいです。ひもの部分がコリコリです。3月〜10月の間は、ホタテ貝の中の緑色の部分は取り除いて下さい。
イカは切れ目を入れ、しゃぶしゃぶ程度に火を通してどうぞ。
赤いかはとても柔らかいのでサッと火を通すだけでよいでしょう。蟹みそを乗せて食べても美味しいです。
ポイントは蟹みその作り方。
蟹を足と胴体に切り離します。甲羅を下にして胴体をアルミホイルに包みます。魚を焼くグリルを使い、中火で15分から20分焼くと香ばしい蟹みそが出来上がります。調理バサミで蟹のふんどしを切り取り、そこから蟹のお腹に切り込みを入れれば、みその状態が確認できます。みそが固まってない場合は、もう少し焼いて下さい。甲羅からお腹を取り外せば、蟹みそがいっぱい甲羅に残ります。
蟹みそ仕立ての出汁の作り方。
水に昆布をいれ、昆布だしをとります。酒・醤油等で味を薄めに決めます。蟹すき鍋の土鍋の3倍の程度作っておきましょう。出汁に火をかけ煮立ったら、蟹みそを作った蟹の胴体を適当に切り分け、みその入った甲羅と共に鍋に入れます。蟹の胴体を焼かずに、生のまま鍋に入れると、泡がぶくぶく出て来るので避けた方が良いでしょう。







蟹すき鍋を作ってみましたとりあえず、蟹すき鍋の下準備をしました。蟹は胴体と脚に切り分け、蟹刺しを作る要領で脚の殻を削ぎます。面倒であれば松の葉のように縦に切り込みを入れるだけで良いです。ホタテ貝はタワシで洗い、片方の殻だけ外しておきます。貝ヘラやバターナイフで簡単に外せます。甘えびはさっと洗っておくだけでよいでしょう。準備している間に、蟹の胴体をアルミホイルで包みグリルで15〜20分程度焼いておきます。中火でOKです。必ず甲羅を下にして焼いてください。




焼き蟹ミソを入れただしで上品なズワイ蟹をどうぞ焼いた胴体と焼き蟹ミソを出汁に入れます。焼き蟹の香ばしい匂いと焼き蟹ミソの甘さがなんとも言えません。食欲をそそります。
蟹の脚は食べる量だけいれ、さっと茹でるだけでよいでしょう。ズワイ蟹の繊細な食感と上品な味をゆっくりと味わって下さい。
甘えびは頭の部分にみそがあるので、お刺身で食べた後、頭の部分だけは捨てずに鍋に入れましょう。後で、みそが効いてきます。




プリップリッのホタテ貝の貝柱がホックホク一息ついたところでホタテ貝を殻ごと鍋に入れます。
すぐに身が殻から外れます。大きなプリップリッの貝柱が口の中でホクホクです。
ホタテ貝の“ひも”もシコシコのコリコリで歯ごたえが堪りません。








焼き蟹ミソを蟹雑炊の上に乗せ、旨さ倍増最後は定番のカニ雑炊。蟹・蟹ミソ・ホタテ・甘えびそして野菜の旨みがたっぷりと詰まった出汁で作る雑炊は格別です。雑炊の上に焼き蟹ミソを乗せて味わうと、さらにコクが出て旨み倍増です。
是非お試し下さい。












お支払い方法について

銀行振込、ネットバンキング、代金引換がご利用いただけます。いずれも料金前払いシステムとなっております。(代金引換は商品お届け時)なお、振込手数料はお客様のご負担となります。

送料について

現地近江町市場から直送するため、送料は商品ごとに異なります。ショッピングカート内で送料を自動計算することが難しく、ご注文後、確認メールをお送りする際に総合金額をご案内させていただきます。なお、送料リストはお買い物ガイドページでご確認いただけます。
ご注文から配送について

海鮮おまかせ便サイトで取り扱っている商材は金沢市の近江町市場にあがる新鮮な海の幸です。注文を受けてから仕入れるため、余裕をもって配達希望日をご指定ください。また、天候や市場の相場により品数や内容が替わることがあります。シーズンにあわせてお届け可能な海の幸をサイトトップのニュース欄で告知してまいりますので、ご注文の際、ご確認ください。
宅配便はクール便にて、現地近江町市場から直送いたします。
個人情報の取り扱いについて

お客様とのやり取りの中で得た個人情報は法律によって要求された場合以外、第三者に譲渡または利用する事は一切ございません。

運営会社について

海鮮おまかせ便
〒730-0845
広島市中区舟入川口町21-7
エフォートシステムビル3F
Tel:082-294-3618
mail:umai@kaisen-omakasebin.jp
http://www.kaisen-omakasebin.jp

Copyright (c) 2006. Kaisen Omakasebin. All Rights Reserved