海鮮おまかせ便 近江町市場から新鮮な海の幸をお届け!
京都府の丹後半島の間人(たいざ)港に水揚げされる間人蟹。12月〜2月の冬の厳しい折は漁が出来る日が限られます。間人漁港に水揚げされる蟹は貴重で、それ故に“幻の蟹”と呼ばれています。そんな間人蟹を季節限定でお届け。活、茹で、お好みで!

丹後シリーズ


素材がいいと美味しく調理できるね〜
幻のカニの味をそこなわないように基本をマスターしてお召し上がりください



海鮮おまかせ通信季節ごとの水揚げ状況をお知らせしたり、素材を美味しく召し上がっていただくための情報をお届け


.


幻の蟹“間人蟹(たいざがに)”とは


幻の蟹 間人蟹(たいざがに)とは

ズワイ蟹は地方によって名前が変わります。丹後・山陰地方では「松葉蟹」、福井県や石川県では「越前蟹」、その他の地方では「ずわい蟹」と呼ばれています。最近では、各漁協の努力により、水揚げされた漁港の名前をつけた蟹のブランド化が進んでいます。水揚げされた漁港ごとに色分けしたタグを蟹に付けますので、何処の港に水揚げされたが一目瞭然です。

証例えば、緑のタグが丹後半島の間人(たいざ)蟹・青のタグが兵庫県の津居山蟹・白色のタグが兵庫県の香住蟹・黄色のタグが福井県の越前蟹といった具合です。

京都府の丹後半島の間人(たいざ)港に水揚げされた蟹が間人(たいざ)蟹なのです。





京都府の丹後半島の間人(たいざ)港に水揚げされた蟹が間人蟹ですが、どうして“幻の蟹”と呼ばれているのでしょうか。

間人漁港は、小型の底引き網船が4隻だけの小さな漁港です。小型の船なので天候が荒れた日には漁が出来ません。特に12月から2月の冬の厳しい折には、海が荒れ漁が出来る日が限られてしまいます。そのため、間人漁港に蟹が水揚げされるのは極限られており、間人蟹が“幻の蟹”と呼ばれる所以なのです。



間人蟹が最高級のブランド蟹である理由

間人港の底引き網船は、常に近場の漁場で網を引き日帰り漁を行っています。
そのため、蟹の鮮度と肉質を落とすことなく水揚げできるのです。蟹の漁場に最も近い間人港だからこそ、日本一の活きの良い蟹を手に入れることが出来るのです。また、せり市が行われる前に、水揚げされた蟹を地元漁師が、蟹の大きさ、身の入り方、指のそろい方などを厳正にチェックし、約50段階に細かく選別されます。万が一、セリの途中に少しでも質の悪い蟹が見つかれば、再度選別がおこなわれ新たにセリが行われます。

このように、徹底された監視があるからこそ、全国から最高級ブランドと認知されているのでしょう。

一度、たいざ蟹を食べた方は、「二度と他の蟹は食べられない」「他の蟹とはひと味もふた味も違う」とよく言われます。特に最近、たいざ蟹の魅力が多く取り上げられています。

蒲田(かばた)さん夫婦

2006年11月の初セリでは、間人市場で、5杯23万円の最高値が付きました。知る人ぞ知る、まさにたいざ蟹は、蟹の最高級ブランドなのです。
そんな、たいざ蟹を是非一度味わってみて下さい。





お支払い方法について

銀行振込、ネットバンキング、代金引換がご利用いただけます。いずれも料金前払いシステムとなっております。(代金引換は商品お届け時)なお、振込手数料はお客様のご負担となります。

送料について

現地から直送するため、送料は商品ごとに異なります。ショッピングカート内で送料を自動計算することが難しく、ご注文後、確認メールをお送りする際に総合金額をご案内させていただきます。なお、送料はお買い物ガイドページでご確認いただけます。
ご注文から配送について

海鮮おまかせ便サイトで取り扱っている商材は各産地にあがる新鮮な海の幸です。注文を受けてから仕入れるため、余裕をもって配達希望日をご指定ください。また、天候や市場の相場により品数や内容が替わることがあります。シーズンにあわせてお届け可能な海の幸をサイトトップのニュース欄で告知してまいりますので、ご注文の際、ご確認ください。宅配便はクール便にて、現地から直送いたします。
個人情報の取り扱いについて

お客様とのやり取りの中で得た個人情報は法律によって要求された場合以外、第三者に譲渡または利用する事は一切ございません。

運営会社について

海鮮おまかせ便
〒730-0845
広島市中区舟入川口町21-7
エフォートシステムビル3F
Tel:082-294-3618
Fax:082-555-7155
mail:umai@kaisen-omakasebin.jp
http://www.kaisen-omakasebin.jp

Copyright (c) 2006. Kaisen Omakasebin. All Rights Reserved